18ヶ月ぶりの

梅雨に入り雨キャンを期待してのキャンプ。

_DSC7109

なので、テントは張らず、車中泊でしたが。。。
生憎、雨は時よりパラッとするだけで、思い通りにはならなかったけど、タープ下で焚火をし、ダーレも居ないモヤっている景色を眺めつつ過ごす事が出来ました。

そうそう、焚火の火種として、鉋くずを使ってみました。
安物の替え刃式のカンナ持参です。

_DSC7104

桧の廃材をシャカシャカ削り鉋くずから着火です。

_DSC7105

鉋くずは、直ぐ様燃え上がります。
が、あっという間に燃え尽きてしまいます。。。
運良く?小割にした薪に着火しましたが、もう少しジワジワと燃えてくれないかな。

_DSC7108

気温16度。肌寒くポロシャツの上に長袖のワイシャツを重ね着。
ん、レインウエアも着込んで、16時頃から燃やし始めました。
ここ、朝霧ジャンボリーAC。
なんだか安心感のあるここ、リハビリキャンプには持ってこいな感じ。

フロントで、スノピのカードを提示して薪を2束購入ですが、割引摘要は最初の一つです。2束で900円なり。
そうカラッカラに乾燥していませんので、爆ぜまくりでどでかい燃えカスがスニーカーの中に飛び込んで、靴下を焦がしましたが大事には至らず。
あちらこちら焦がした様ですが、タープには穴が空いていなくて良かった。。。^^

 

一応状況を

最低外気温 : 14 度

車内で座席シート<インフレータブルマット<コールマンのレジャーシート<寝袋セパレートオフトン1400の上掛け
上半身<綿のTシャツ<綿のポロシャツ<綿の長袖Yシャツ
下半身<綿の靴下<綿のズボン

ちょうど良かった。
上掛けだけの袋に入らないで寝るのは、ノビノビ気持ちいい。

嬉しいのかそうでないのか・・・

実家へ荷物の整理に行った。
屋根裏部屋には、ここに住んでいる時にあれやこれやと荷物を押し込めていたのだ。

35年以上?前の、忘れていた物が出て来てビックリ。
当時、バックパッカー、バックパッキング、ヘビーデューティー、、、などの言葉が流行っていた頃、毎週の様に八ヶ岳方面へ出かけていた事を思い出した。

アルミフレームの背負子にナイロンのバッグが取り付けられていて、腰に巻く様に有るベルトで重量を肩だけでなく腰に分散させるバッグが二つ置いてあった。
使わない。

続きを読む

お知らせ

お知らせです。

ただ今共通部材が欠品しており、ご注文を受け付けられません。
申し訳ありませんが、整い次第再開いたします。

EU098

ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

 

ただただ燃やしに

青野原へ行って来た。

ライトテーブル6台、大型のテーブル2台が、あっという間に灰になった。

_IMG_0330

昼前に到着し、椅子を出す前に着火。
結構な量だったので、全て燃やすにはどの位の時間がかかるかと。。。
これだけ大きな焚火になると、熱くて近づけない。
ちょっと離れて昼のラーメンをすすりながら、せっせと焼べた。

桧のカラッカラのテーブルは、あっという間に無くなった。

分解して、材料として再活用も考えたけど、これで良かったと思う。
最後まで楽しませてくれました。

さて、新しいハイテーブルの写真を撮りに、どこへキャンプに行こうかな。。。

鬼になって

初代から今の物までの道のり。。。

本当は取って置きたいのは山々なんですが、置き場がない。。。

で、

_DSC6863

分解の解体。

昔の物は、ほぞ組のビス止めで接着剤を使っていない。
ビスを外し、グイグイっとすると構造が分解できる。
おまけに、パイン集成材の24*24角で出来ていながら、何の不安もなくガッチリしているのだから、我ながら「ほっほう」と唸ってみたり。^^;;

明日か明後日には、燃やしに行く。
細かく出来ない物は、そのままの形で。

全て無くなる訳ではない。
桧のテーブルは、今でも使うしこの先も連れて行くだろう。

バラして行くテーブルは、中途半端な出来具合だったり、
部材を取られた○○○だったりと、どれもに想い出があるし当時を思い起こさせるヤツラ。

さよならではないのは分かってもらえるんでしょうか。。。

梅雨明け夏休み

梅雨明けと同時に子供達の夏休み突入。

朝霧高原へ次期テーブルの写真を撮りに行って来ました。

_DSC6280

桧のテーブルシリーズ、痛い事に仕入れ先の材木店が無期休業。。。
私は家に有ったほとんどの桧材の在庫を使い果たしてしまっている。
そう、テーブルが作れない状況なのです。
他の仕入れ先を、と思うかも知れませんが、コスト的に合いません。

次期(秋口)より、ホワイトアッシュに変更してのラインナップといたします。

営業再開は、9月中旬を目指しておりますので、今後ともよろしくお願いいたします。

続きを読む

エアベッド

先日、友人父子とのキャンプの時、彼が持って来たエアベッドは、本体に乾電池式の送風ファンが付いており、放っておけば勝手に空気が入るものだった。
畳むのも簡単だという。

私は SP のインフレータブルマットを愛用しているが、膨らませる時はまぁ良しとして、収納する際は冬場でも汗ばむ。
端から手で丸めて行きながら、膝で潰して空気を抜いて行く。
結構な重労働なんだ。

_IMG_1549

彼の物はメーカーが分からないが、外国製みたいだったが見つからず、この TENT FACTORY のツインサイズを手に入れた。
おおよそ 横幅 100cm 長さ 190cm 厚み 20cm 約 5,000円
横幅はなぜツインサイズと言うのか分からないが、ベッドだとシングルサイズだよね。。。^^

続きを読む